なつのレントゲン写真


今日はなつの病院に行ってきました。
気になっていることを全て聞いて、それから手術の予約を入れてきましたよ…(´ . .̫ . `)

手術への想いはまた後半に書くとして、なつのあんよのレントゲン写真を紹介していきます。

レントゲン写真は、クリックすると拡大します。かなりでかいよ!

骨の写真、大丈夫ですよね???(笑)


まずは、正常な股関節と形成不全を起こしている股関節の違いから。




画像はこちらのページからお借りしました。

股関節が変形してかみ合っておりませんね。
さて、なつのレントゲンは、


IM-0001-7006.jpg


最初見た時、え?普通じゃん?と思いました(^^A``

お股をパッカーンして撮影。


IM-0001-3003.jpg


わかりますか???( '́⌣'̀)ワカンナーイ!!!

それもそのはず、なつの症状は軽い方なのです!
このレントゲンだけで、形成不全ですよと判断できなくてもおかしくはないそうだ(苦笑)

さすが整形外科を得意とするだけあるわ……( 'ω' )


IM-0001-7003.jpg


厳密に言うとこういうことなのかもしれませんが、私は先生にこう説明されたのでこのまま引用。

確かに、骨があるべき場所にあれば、角度は変わってくるよな〜……(-Ⅱ-;)


そして過去記事で、左足の方が悪いと書いてましたが、
股関節形成不全としては、右足の方が症状が強く出ているそうです。


IM-0001-7005.jpg


よーく見ると、右側の骨が若干でこぼこしております。

けれど私は左足をかばって歩くように見えた。
その理由は、確信はできないけれども、


IM-0001-7004.jpg


なんとなくですが、ギザギザしているのがわかりますか?
恐らく、炎症を起こしているのではないかということです。



もう一度言いますが、この子はまだ軽度です。
すぐに手術を!というレベルではありません。

じゃあ何故手術を選んだか。




去勢手術の時も思ったのですが、今回のこと、なつが導いてくれたと思っています。
散歩が大好きで、我慢強い子が、歩かなくなるなんてこと、正直考えられません。

あんよがおかしいんだよ!気付いてよ!って教えてくれたんじゃないかと……



なつのその想いに応えるには、なつが抱えている違和感をなくしてあげることなのかなと……



まあ、一番の理由は、これから10年、15年続く犬生。
ずーっと気持ちよく走ってもらいたいからですけどね(´・ω・`)




血液検査の結果次第ですが、来年の1月9日に手術をします。  8日から変更になったぜ(´・ω・`)

両足の手術となります。
手術した足で体重を支えられるようになれば、もう片足の手術をする予定です。  最短で3ヶ月くらい……




頑張るぞー٩( ᐛ )و バンガロー!!!



おしまい  

【 2015/12/08 股関節形成不全 】  16 comments

なつの症状


【股関節形成不全 シェルティ】


なつが股関節形成不全と診断された後、何度も何度も検索したワードです。
同じ病気で、同じように手術をした子の情報がとにかく欲しかったからです。

でも、なかなか見つからないものですよねー(´・ω・`)
他の犬種で手術したよっていうブログは何度も読んだのですが……

私と同じように検索して、残念ながらこのちゃらんぽらんな ブログに辿り着いた方の為に
このカテゴリーでは、ない知恵を絞って、なつのことを真面目に記していきたいと思います(^^)







まずは過去記事のおさらいから……(^▽^;)オツキアイクダサイネ…


股関節異形成?関節炎?

今年の6月、なつが歩きたがらなくなりました。
湿度も気温も高い時期だったので、暑いからかなーと思っていたのですが
それでも昨年はもっとしっかり歩いていたな、と不思議に思って診察してもらいました。

レントゲンも特に異常はなく、消炎鎮痛剤を飲んで様子を見ることに。

余談ですが、股関節異形成は股関節形成不全のことです。


関節炎的な

薬を飲んでからはよく歩く!よく走る!(笑)
軽度の関節炎だったのかな?ということで、しばらく様子を見ることにしました。


股関節形成不全

その後、本格的に暑くなったというのもあり、伏せ込みも多くするように…(´・ω・`)
でも足を引きずって歩く素振りはなくなっていたので、一安心してました。

が、10月のワクチン接種の2、3日前からびっこを引くように。
整形外科に強い先生を紹介して頂いて、そこで股関節形成不全だと判明。

手術をすると思います、というところで終わっておりました。




さて、股関節形成不全というのはどういう病気か、
というのは検索すればゴロゴロ出てきますので(笑)
なつの症状を見ていきたいと思います。

ちなみに、このページを元に書いていきまーす。


① 横座りをする




そもそも、オスワリをすると足が横に出るというのも症状のサインだそうです。
ひざをまげると痛いため投げ出すそうですが
パピーの頃からのクセで横座りするイヌもいるそうです。


② 腰を振って歩く(モンローウォーク)




これ、撮影したの昨年の11月とか……///orz///


③ ウサギ跳びをする(バニーホップ)




パピーの頃にはよく見られることだそうです。
成犬になってもこの走り方で、足を後ろに動かすと嫌がる子は
もしかしたら…もしかすると……(´・ω・`)


あとは起きた直後は足を引きずるとか、頭を下げて歩きがちとか、ありますね。
階段の上り下りは嫌がりませんが、一気に駆け上がって行くのは、足が痛いからかも?


ということで、なつはほぼ間違いなく股関節形成不全です。




先生曰く、シェルティは我慢強い犬種だそうです。
なので、なーんかおかしいな、他の子となーんか違うな、
と違和感を覚えたら検査をオススメしますよとおっしゃってました。

ただ、なつのように、レントゲンだけではなかなか判断できないこともあります。
整形外科に強い先生がいる病院がわかれば、そこに行くのがいいですね〜(^^)ラッキーラッキー



おしまい  

【 2015/12/08 股関節形成不全 】  CM(-)
該当の記事は見つかりませんでした。